FC2ブログ

最新!美容・ダイエット情報
  おすすめ!無料・お得情報はこちら
最新の美容・ダイエット商品をご紹介します! これであなたもスリムに美しく!
カテゴリー
おすすめ情報
ブログ検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

raindrop001

Author:raindrop001
美容・ダイエットマニアのはるかです!

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、気になっていることは「新聞テレビ欄の「N」」ですがこんなニュースがあります。

 県立牧野植物園(高知市五台山)は食用カンナを原料に焼酎「美人蕉(カンナ)酒」を開発し、12日、試飲会を開いた。
同園を訪れた約100人が、県産の野菜や果物を使ったつまみと一緒に、珍しいお酒を存分に味わった。
企画展「酒と植物」(今年5月10日まで)の一環で、三原村のどぶろくなども振る舞われた。
 同展では、お酒を作るために人間が利用してきた植物やお酒の文化を紹介している。
 美人蕉酒は、05年から県工業技術センター(高知市)の技術協力を受け、菊水酒造(安芸市)とともに研究を始めた。
同園は以前から、でんぷん質が豊富な食用カンナの根茎の利用法を考えていたが、研究データがなく、最適な栽培条件、収穫のタイミングなどを知るため実験を重ねた。
香りの微調整などの末にようやく完成し、08年4月から園内限定で販売。
1本1200円(消費税込み、300ミリリットル)で、現在1000本が出荷済み。
カンナを原料にしたお酒は全国で唯一という。
 いの町に帰省中の会社員、甲藤知之さん(25)=高松市=は「普通の焼酎に比べて飲みやすい。
大地の味がする。
名物になって県外に広まってくれたらうれしい」と赤い顔で話していた。
 ◇三原のどぶろくも 一方、三原村のどぶろくは7軒の農家が生産。
農家によって甘口、辛口など異なった味が楽しめる。
松山市の会社員、久保田竹広さん(51)は「辛口がおいしかった。
しつこくないのでまた飲みたくなる。
三原村に行ってみたい」と笑みを見せていた。
【千脇康平】1月13日朝刊

【ニュース元】焼酎:食用カンナで「美人蕉酒」 牧野植物園が開発、企画展で試飲会 /高知

今、アディダスが安いです。



売れ筋ランキング
消費税
消費税 計算
消費税 増税
消費税 非課税
消費税法
消費税 簡易課税
消費税 申告
初穂料 消費税
地方消費税
消費税 還付
スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。